キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 未経験者でCRAに転職しようとする時は慎重に! : CRAの転職を考えてみよう

未経験者でCRAに転職しようとする時は慎重に!

CRAの転職を考えてみよう

未経験でCRAに転職するという場合は、あらかじめ業務内容をはじめとして休日や給料、残業、出張、人間関係などについて調べておくことをお勧めします。
CRAの転職を考えてみようのmainimage
未経験者でCRAに転職しようとする時は慎重に!

CRAは人気がある職業なので、看護師や薬剤師、MRといったキャリアを経験されてきた方が、CRAに転職するということも少なくありません。

こういった違うキャリアを積んできた方がCRAに転職する場合、もちろん、最初は未経験として扱われます。

特に近年は、薬剤師の方がCRAに転職するという傾向が増えてきました。

こういった未経験の方がCRAに転職しようとするときは、慎重に多くの情報に触れてから、求人に応募するようにした方が、成功します。

なぜならCRAの仕事は、実際に働いてみるときつかったということが多くあるからです。

業務内容は、あらかじめ調べておけばある程度は把握できていますし、CRAに転職しようと思う時点で、仕事内容は理解しているということにもなります。

そこで、CRAへの転職を成功させるために慎重になりたい部分としては、休日やお給料、人間関係、残業の有無、出張の程度、必要な能力といったものです。

CRAは、抱える治験の案件によって、残業が多くなったり出張が増えたりします。

さらに、病院などの医療機関をはじめとして、さまざまな分野の方とスムーズなコミュニケーションを取って行かなくては、治験が計画通りに進まなくなってしまいます。

そのため、働く前には想像もしなかった部分でのハードさがわかってきたりすることも多いのです。

そうなると、せっかくCRAに転職したにもかかわらず、辞めていってしまうことにもなりかねません。

厳しい側面もあるかもしれませんが、特に未経験の方は、出来れば先輩の話を聞く機会を設けるなどして、より現実的な一面を知っておく方が、働いた後で長続きするでしょう。

参考ページ⇒[https://www.micjp.co.jp/recruit/staff/staff_h.html

PICK UP
SITE MENU
PROFILE

留まるか、新たな世界に飛び出すか、選ぶのは自分だ。

メールはこちら